【完全無料】読むだけでどんどんウクレレが上達する メルマガ講座


こちらのページからご登録ください。

当工房のレッスン理念とスタイルについて

あなたの暮らしに音楽を♫ あわたゆうさくです。

今回はわが工房のレッスン理念とレッスンスタイルについて書かせて頂きます。

現在どこかの教室でウクレレやその他楽器を習っているいる方、また現在当工房のウクレレやギター、歌い方教室等にレッスンに来て頂いている生徒の皆様の疑問に少しでもお答えできればとの思いでここに書き記しておきます。


 Original Update by James Nagareda 



まず、わが工房のレッスン・スタイルはかなり独自性を持ったものと自負しております。これについて具体的にはは後ほど書かせて頂きますが、まずは世間一般のウクレレ教室のレッスン・スタイルについて触れておきたいと思います。


・2つのスタイル

1つ目は「毎回違う曲(好きな曲)をコード伴奏のみで演奏させるスタイル」

2つ目は「カリキュラムはしっかりとしているがレッスン時間が極めて短いスタイル」

世間一般のレッスンスタイルは大体この2つに大きく集約されます。


・メリット

次にそれぞれのメリットを挙げてみます。


前者は比較的レッスン料が安く、入会の敷居が低い。それほど集中力のいるレッスン内容ではないので毎回気楽にレッスンを受けられます。

後者は、それなりに練り上げられたカリキュラムで初級から中級までまんべんなく楽器の奏法が学べます。


・デメリット

次にそれぞれのデメリットを挙げます。

前者は、いわゆるアマチュア(素人)や、時にはセミプロといった音楽のプロではない別に本職を持つ(持っていた)人が講師を務めていることが往々にしてある、という点です。例えば長年サラリーマンとして会社勤めを終え年金生活者になったような年配の方が、それまでの音楽好きを活かして集会所や公民館、時にはカルチャースクールなどで低価格でレッスンを提供しています。

こういうレッスンに参加すると、一見平和でプレッシャーも大きくなく、気楽にできるように思われますが、やはりその道のプロがレッスンしていないという点から、音楽的にはかなりなおざりにされている点がとても多いことです。

というのも毎回、ただただ違う曲のコードだけを黙々と弾いていくことは初めは楽しいものの、ある程度の曲のパターンに気付き、また技術的にそれほど高くない曲毎回を弾くことから「すぐに弾けた」という満足感が得やすく途端にモチベーションの低下に繋がります。つまり、技術的進歩がほとんど求められないため、飽きが来やすいのです。



後者はもう少し違った角度でデメリットが存在します。
それはレッスン料金がそこそこ高い割に、レッスン時間が極端に短いことでレッスンを開始してやっとこさ温まってきた音楽的感覚が毎回時間的な制約によってあっけなく中断させられてしまうことです。

特に大手の音楽教室に多く見られがちなこの傾向はそこそこレッスン料が高い割に短いレッスン時間(30分程度)のため、多くの場合不満が残ります。

また、教室が販売するカリキュラム通りに沿ってエスカレーター式にレッスンが執り行われるため、個人の意志や嗜好などが往々にしてなおざりにされます。

要するに、均質的なものの考え方で日本津々浦々どこの生徒も同じカリキュラムで習わされるため地域の独自色や個人個人の嗜好が極限まで削ぎ落とされています。


・わが工房では・・・?

わが工房ではこれら両者の問題をうまく回避し、個人レッスン・グループレッスンそれぞれに於いて、いかに生徒の要望を踏まえつつ「毎回楽しく、それでいてそこそこ上手くなっていけるレッスン」とはどういうものなのか・・・を常に考えて教室運営をしております。


当工房では主に『楽器を通して音楽の本質を知る』ということに主眼をおいてレッスンをしています。これは、ウクレレに限らず、ギターや歌い方教室などその他のレッスンにも共通して言えることです。


楽器は「まず弾けて」楽しく、また「弾き続けて」こそより楽しくなります。
それぞれのを通して音楽の本質を知り、いろいろな謎が解ける喜び、そして音楽トリビアのようなものに出会う楽しさがモチベーションのアップとより豊かな音楽体験を形作ります。

音楽は一過性のものではなく人生にとって掛け替えのない豊かな存在であるべきです。そのためには、長い目で見て応用のきくレッスンこそが本物の音楽体験、ひいては音楽生活に繋がるのです。


わたしが毎回皆さんにレッスンをする際に気をつけていること、またよく言っていることは次の通りです。

『レッスンを続けてきて、不意に自分自身で弾きたい曲が見つかった時に楽譜やコード譜を見ただけで、人に尋ねなくても(講師に弾き方を尋ねなくても)自分で判断して適切な奏法を見つけ演奏し楽しめる能力を身に付けましょう。』です。


音楽・楽器学習の楽しみはこのセンテンスに尽きると思います。


レッスンというのはどんな分野であれ、往々にして講師のやっていることと「違うこと」や「それ以上のこと」、また「思いもよらないこと」などをやるような場所ではありません(いや、してもいいのですがそれを許さない空気が存在します)。

しかし、レッスン場所を一歩出て自宅に帰った際は自分の好きなようにより楽しく弾く時間をもててこそ、本来の音楽のあり方です。



・レッスン料について

現在、当工房のレッスン料金は世間一般と比べても、決して「安くはない」料金設定をしています。

しかし、それは当工房講師・あわたゆうさくが自らのレッスンに対してそれ相応の自信を持っているからです。約10年間プロとしてレッスンしてきました。また、これまでに約300名以上の生徒の音楽指導をしてきたノウハウもあります。


そして講師たるもの毎回のレッスンに対して決して手は抜けません。

自分の技術が落ちないように、また音楽的知識を日々勉強し、自分自身がレベルアップ・スキルアップし、そして音楽的に成熟していかなければなりません。特に指導に携わる人間ほどよく勉強していなければいけません。

そのために正当な対価を頂く、それがプロとしての責任感だとの思いで、決して「安くはない」料金設定をさせて頂いています。

「低価格」という要因だけで当工房が選ばれることがないように、本当に当工房で習いたい人だけが来てくれるような掛け替えのない存在でありたいのです。


以上、長くなりましたがわが工房のレッスンの理念とそのスタイルでした。


 


---------------------------------------------------------★★★
ウクレレのソロ演奏をマスターした人たちは
一体何をしたのか?

教室にも通わず、自宅でウクレレのソロ演奏を
華麗に弾けるようになる方法があります。

こちら→『4ステップで一生使える!ソロ演奏マスターセミナー♪』
★★★----------------------------------------------------------